洗顔ブラシは肌に悪い!?【メリット・デメリットを徹底解説】

洗顔ブラシは肌に悪い!?【メリット・デメリットを徹底解説】
  • 洗顔ブラシのメリット・デメリットって何?
  • 洗顔ブラシって必要なの?
  • 失敗しない洗顔ブラシの選び方とは?

まず結論からいいますと、洗顔ブラシを使うメリット・デメリットはこちらです。

メリット
デメリット
  • 毛穴の奥まで洗える
  • 顔のマッサージも同時にできる
  • 泡立ちをよくできる
  • 肌をこすってしまう
  • 毛穴が広がるリスクがある
  • 洗顔ブラシの手入れが必要になる

もし、洗顔ブラシのメリット・デメリットを把握していないと、

  • 摩擦による「しみ」を作ってしまう
  • 肌を動かすことで「たるみ」の原因になる
  • 毛穴がより目立つ結果になる

といった、肌トラブルになってしまうことも…。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

150種類以上の洗顔料を使ってきた洗顔エキスパートの私が、洗顔ブラシを使うメリット・デメリットをお伝えします。

そこでこの記事では、洗顔ブラシを使うときに気になる、

  • メリット・デメリット
  • 洗顔ブラシは使わない方がいい?

さらには、洗顔ブラシの選び方などについても解説します。

肌診断

あなたの肌タイプをチェック!

1問目:洗顔後に肌のつっぱりを感じる
乾燥が気になる
2問目:顔全体に乾燥を感じる
乾燥が気になる
2問目:毛穴が目立つ
目元や口元が乾燥する
3問目:目元や口元だけが乾燥をする
刺激に敏感
三問目:刺激に敏感で肌がすぐに赤くなる
メイク崩れが気になる
3問目:ベタつきで化粧くずれがしやすい
部分的に乾燥する
3問目:目元や口元など部分的な乾燥が気になる
あなたは混合肌です

診断結果

あなたは、混合肌です。 乾燥が気になる部分は、「乳液を重ねづけ」するなど保湿を意識してください。

もう一度診断する

あなたは乾燥肌です

診断結果

あなたは、乾燥肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使って保湿を行ってください。

もう一度診断する

あなたは敏感肌です

診断結果

あなたは、敏感肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使い、しっかりとうるおいを与えてください。

もう一度診断する

あなたは乾燥肌です

診断結果

あなたは、乾燥肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使って保湿を行ってください。

もう一度診断する

あなたは脂性肌です

診断結果

あなたは、脂性肌です。 洗顔料を使い、洗顔後「化粧水+乳液」で保湿をしましょう。

もう一度診断する

あなたは普通肌です

診断結果

あなたは、普通肌です。 冬場など肌が乾燥しやすいときは、「乳液+クリーム」で保湿をしっかりとしましょう。

もう一度診断する

あなたは混合肌です

診断結果

あなたは、混合肌です。 乾燥が気になる部分は、「乳液を重ねづけ」するなど保湿を意識してください。

もう一度診断する

あなたは普通肌です

診断結果

あなたは、普通肌です。 冬場など肌が乾燥しやすいときは、「乳液+クリーム」で保湿をしっかりとしましょう。

もう一度診断する

洗顔ブラシの3つのメリット

洗顔ブラシの3つのメリット

では詳しく見ていきましょう。

【メリット①】毛穴の奥まで洗える

【メリット①】毛穴の奥まで洗える

1つ目のメリットは、毛穴の奥まで洗えることです。

洗顔ブラシは毛先が細くなっているため、毛穴の奥まで入ることができます。

そのため、毛穴奥の汚れもかき出して、黒ずみや角栓ができるのを防いでくれるのです。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

毛先が細いため、毛穴の奥まで洗うことができる。

【メリット②】顔のマッサージも同時にできる

【メリット②】顔のマッサージも同時にできる

2つ目のメリットは、顔のマッサージもできることです。

顔をマッサージすることで、血行をよくするメリットがあります。

血行がよくなることで、むくみも解消され一時的ですが肌の引き締めアップにもつながるのです。

そのため、結婚式や写真撮影などのイベントの直前にするのはオススメです。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

顔のマッサージによって、むくみが解消される。

マッサージの効果は一時的!

顔のマッサージによって、むくみや顔の引き締め効果はあります。

ですが、一時的な効果しかありません。

むしろ長期的に見ると、「皮膚」や「靭帯(じんたい)」を伸ばしているため、たるみの原因になるのです。

つまり、顔のマッサージをすればするほど、肌はたるんでしまうということです。

ですので、頻繁に顔のマッサージをするのは注意してください。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

たるみを防ぐためにも顔のマッサージはしない。

顔のマッサージをするデメリットについては、下記の記事を参考にしてください。
»顔のマッサージをする5つのデメリット

【メリット③】泡立ちをよくできる

【メリット③】泡立ちをよくできる

3つ目のメリットは、泡立ちをよくできることです。

手のひらで泡立てをしても、もちもち泡を作るのは難しいですよね。

ですが、洗顔ブラシで手のひらで泡立てると、きめ細やかな泡が簡単に作れるのです。

また泡立てネットを併用して使うことで、洗顔料でもちもち泡が作れるのでオススメです。

もちもち泡が作れる泡立てネットに使い方については、下記の記事を参考にしてください。
»泡立てネットの正しい使い方

にゃるなが(洗顔エキスパート)

洗顔ブラシを使うと簡単にもちもち泡が作れる。

洗顔ブラシの3つのデメリット

洗顔ブラシの3つのデメリット

では詳しく見ていきましょう。

【デメリット①】肌をこすってしまう

【デメリット①】肌をこすってしまう

1つ目のデメリットは、肌をこすってしまうことです。

肌をこすってしまうと、摩擦により「しみ」の原因になるメラニンが発生するのです。

つまり、洗顔ブラシで肌をこすればこするほどに「しみ」を作ってしまうということです。

そのため、洗顔ブラシを使って顔を洗うのはオススメしません。

肌をこするデメリットについては、下記の記事で解説しましたので参考にしてください。
»肌をこする5つのデメリット

にゃるなが(洗顔エキスパート)

「しみ・たるみ」を防ぎたいなら、洗顔ブラシは使わないほうがいい。

【デメリット②】毛穴が広がるリスクがある

【デメリット②】毛穴が広がるリスクがある

2つ目のデメリットは、毛穴が広がるリスクがあることです。

洗顔ブラシでゴシゴシこすることで、毛穴の奥に毛先が入り込み、毛穴を押し広げてしまうのです。

毛穴が広がると、今まで以上に角栓など毛穴が目立ちやすくなってしまうため注意が必要です。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

ゴシゴシこすることで毛穴が広がってしまう。

【デメリット③】洗顔ブラシの手入れが必要になる

【デメリット③】洗顔ブラシの手入れが必要になる

3つ目のデメリットは、手入れが必要になることです。

使用後は洗顔料が残らないように、しっかりと洗って乾かす必要があります。

しっかりと洗えていない場合は、洗顔ブラシに雑菌が繁殖するため注意が必要です。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

洗顔ブラシの手入れを間違えると、雑菌が繁殖する可能性がある。

洗顔ブラシは使わない方がいい?【オススメしません!】

洗顔ブラシは使わない方がいい?【オススメしません!】

洗顔ブラシですが、使うのをオススメしません。

この理由ですが、肌をこすってしまい「しみ・たるみ」を作ってしまうためです。

基本的には、泡を肌にのせるだけで汚れは落ちますので、洗顔ブラシは使用しなくていいのです。

ですので、肌トラブルを防ぐためにも洗顔ブラシは使わないようにしましょう。

特に「乾燥肌・敏感肌」の方は、使用するメリットはありませんので注意してください。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

洗顔ブラシを使わなくても肌の汚れはしっかりと落とせる。

洗顔ブラシを使わない正しい洗顔のやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»正しい洗顔のやり方

【どうしても使いたい方向け】洗顔ブラシの選び方

【どうしても使いたい方向け】洗顔ブラシの選び方

洗顔ブラシはおすすめしていません。

ですが、どうしても使いたい場合は、「シリコン素材の電動洗顔ブラシ」を選んでください。

シリコン素材の電動ブラシ

この理由ですが、他の洗顔ブラシに比べると肌をこするリスクを少し軽減できるためです。

肌をこすってしまうと、「しみ・たるみ」などの肌トラブルにつながってしまい危険なのです。

肌への負担を減らすためにも、洗顔ブラシを使うならシリコン洗顔ブラシを検討してみてください。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

どうしても使いたいなら、シリコン素材の電動洗顔ブラシを選ぶ。

こすって使うのはNG!

選び方として、シリコン素材の電動洗顔ブラシを選びましょうとお伝えしました。

ですがシリコン洗顔ブラシを選んだとしても、肌をこすって洗顔をするのはダメです。

肌をこすると、「しみ・たるみ」などの肌トラブルの原因になるためです。

そのため、肌をこすって洗顔をするのであれば、洗顔ブラシを使わずに洗うのがおすすめです。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

肌をこするのであれば、洗顔ブラシを使わないほうがいい。

肌をこすらずに洗顔をする方法については、下記の記事で解説しましたので参考にしてください。
»肌をこすらずに洗顔をする方法

肌トラブルを減らす正しい洗顔のやり方

肌トラブルを減らす正しい洗顔のやり方

肌トラブルを減らす正しい洗顔のやり方は下記の6ステップです。

正しい洗顔のやり方
  1. 手を洗って顔の予洗いをする
  2. クレンジングをする
  3. 洗顔料をよく泡立てる
  4. 泡を顔にのせる
  5. 顔をすすいでタオルで拭く
  6. スキンケアをする

肌トラブルを減らすためのポイントは、肌をこすらないことです。

そのため、泡は肌にのせるだけで「ゴシゴシ・くるくる」はしないようにしましょう。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

泡は肌にのせるだけで、こすったりはしない。

正しい洗顔の詳しいやり方については、下記の記事を参考にしてください。
»正しい洗顔のやり方

よかったらシェアしてね!