クレンジングクリーム2つのメリット・デメリット【使い方も解説】

クレンジングクリーム2つのメリット・デメリット【使い方も解説】
  • メリット・デメリットが知りたい…
  • クレンジングクリームは肌にいいの?
  • 失敗しないクレンジングの選び方が気になる…

結論からいいますと、クレンジングクリームのメリット・デメリットはこちらです。

メリット
デメリット
  • 薄いメイクでも使える
  • 肌への負担が少ない
  • 洗浄力が弱い
  • なじませるのに時間がかかる

ただし、メリット・デメリットの理由まで把握しないと、

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • こすってしまい「しみ」になる
  • 肌の乾燥によって「しわ」の原因になる

など肌トラブルにつながることも…。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

50種類以上のクレンジングを使って分かった、クレンジングクリームのメリット・デメリットをお伝えします。

そこでこの記事では、クレンジングクリームで意識したい、

  • メリット・デメリット
  • クレンジングクリームの使い方

さらには、選び方やおすすめのクレンジングクリームについても解説します。

肌診断

あなたの肌タイプをチェック!

1問目:洗顔後に肌のつっぱりを感じる
乾燥が気になる
2問目:顔全体に乾燥を感じる
乾燥が気になる
2問目:毛穴が目立つ
目元や口元が乾燥する
3問目:目元や口元だけが乾燥をする
刺激に敏感
三問目:刺激に敏感で肌がすぐに赤くなる
メイク崩れが気になる
3問目:ベタつきで化粧くずれがしやすい
部分的に乾燥する
3問目:目元や口元など部分的な乾燥が気になる
あなたは混合肌です

診断結果

あなたは、混合肌です。 乾燥が気になる部分は、「乳液を重ねづけ」するなど保湿を意識してください。

もう一度診断する

あなたは乾燥肌です

診断結果

あなたは、乾燥肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使って保湿を行ってください。

もう一度診断する

あなたは敏感肌です

診断結果

あなたは、敏感肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使い、しっかりとうるおいを与えてください。

もう一度診断する

あなたは乾燥肌です

診断結果

あなたは、乾燥肌です。 「化粧水+乳液+クリーム」を使って保湿を行ってください。

もう一度診断する

あなたは脂性肌です

診断結果

あなたは、脂性肌です。 洗顔料を使い、洗顔後「化粧水+乳液」で保湿をしましょう。

もう一度診断する

あなたは普通肌です

診断結果

あなたは、普通肌です。 冬場など肌が乾燥しやすいときは、「乳液+クリーム」で保湿をしっかりとしましょう。

もう一度診断する

あなたは混合肌です

診断結果

あなたは、混合肌です。 乾燥が気になる部分は、「乳液を重ねづけ」するなど保湿を意識してください。

もう一度診断する

あなたは普通肌です

診断結果

あなたは、普通肌です。 冬場など肌が乾燥しやすいときは、「乳液+クリーム」で保湿をしっかりとしましょう。

もう一度診断する

クレンジングクリームを使う2つのメリット

クレンジングクリームを使う2つのメリット
クレンジングクリームのメリット

では詳しく見ていきましょう。

【メリット①】薄いメイクでも使える

【メリット①】薄いメイクでも使える

1つ目のメリットは、薄いメイクでも使えることです。

クレンジングクリームは、「オイル・バーム」と比べると洗浄力は弱めとなっているためです。

そのため肌への負担も少なく、薄いメイクをしっかりと落とすことができるのです。

また、すっぴんでも日焼け止めをしている場合は、洗浄力が弱めのクレンジングクリームを使うのがおすすめです。
»すっぴんでもクレンジングをする3つの理由

にゃるなが(洗顔エキスパート)

薄いメイクや日焼け止めだけの日なら、クレンジングクリームがおすすめ。

【メリット②】肌への負担が少ない

【メリット②】肌への負担が少ない

2つ目のメリットは、肌への負担が少ないことです。

クレンジングクリームはオイルやバームに比べると、オイル成分の配合量が少なめになっています。

そのため、余分な皮脂が奪われにくく肌が乾燥しにくいのです。

クレンジングの中でも保湿力だけをみると1番なため、乾燥が気になる方におすすめです。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

洗浄力が弱いため肌が乾燥しにくい。

クレンジングクリームを使う2つのデメリット

クレンジングクリームを使う2つのデメリット
クレンジングクリームのデメリット

では詳しく見ていきましょう。

【デメリット①】洗浄力が弱い

【デメリット①】洗浄力が弱い

1つ目のデメリットは、洗浄力が弱いことです。

クレンジングクリームは、クレンジングの中でも洗浄力は少し弱めとなっています。

そのため、使っているコスメによってはメイクや汚れが残ってしまうのです。

メイクや汚れが残ってしまうと、毛穴の黒ずみなどにつながってしまいます。

ですのです、濃いメイクをしているときは、洗浄力のあるクレンジングオイル・バームを使うようにしましょう。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

クレンジングクリームはしっかりメイクにはおすすめできない。

【デメリット②】なじませるのに時間がかかる

【デメリット②】なじませるのに時間がかかる

2つ目のデメリットは、なじませるのに時間がかかることです。

クレンジングクリームは、転相(てんそう)」という、肌をくるくるとなじませて落とす方法となっています。

つまり、メイクを落とすのに時間がかかってしまうということです。

肌に長時間クレンジングをのせると、乾燥して「しわ・くすみ」の原因になってしまうことも…。

ちなみにですが、クレンジングをするときの時間の目安については、下記の記事を参考にしてください。
»クレンジングをする時間の目安とその理由

にゃるなが(洗顔エキスパート)

なじませなくても落ちるクレンジングオイルがおすすめ。

クレンジングクリームの使い方

クレンジングクリームの使い方

では詳しく見ていきましょう。

【ステップ①】手のひらでクリームを温める

【ステップ①】手のひらでクリームを温める

まずは、乾いた手のひらに500円玉大のクリームをとって温めてください。

クレンジングクリームは温めることで、メイクへなじみやすくなります。

このときのポイントは、乾いた手でしっかりと温めることです。

濡れた手だと使えないことが多いためです。

そのため、必ず乾いた手でしっかりと温めましょう。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

寒い日は手を暖かくしてから使うのがおすすめ。

ポイントメイクは先に落とす

必ずポイントメイクは先に落としておきましょう。

この理由ですが、クレンジングクリームは洗浄力が弱いためです。

そのため、クレンジングクリームだけではメイクの汚れが残ってしまうのです。

ですので、専用リムーバーを使ってポイントメイクを落としてください。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

ポイントメイクは先に落としておく。

ポイントメイクの落とし方については、下記の記事を参考にしてください。
»ポイントメイクの落とし方

【ステップ②】Tゾーン→Uゾーンの順番にのせてなじませる

【ステップ②】Tゾーン→Uゾーンの順番にのせてなじませる

手のひらで温めたら、Tゾーン→Uゾーンの順番にのせる。

Tゾーンからのせる理由は、皮脂が多い部分のためです。

肌の乾燥を防ぐためにも、Tゾーンから順番にのせていきましょう。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

皮脂が多い部分からクレンジングをのせれば大丈夫。

【ステップ③】こすらないように優しくなじませる

【ステップ③】こすらないように優しくなじませる

クレンジングクリームを顔にのせたら、こすらないように優しくなじませてください。

メイクになじませるため、クリームが透明になるまで「肌をくるくる」する必要があります。

ですが、こすってしまうと「しみ・たるみ」の原因になるため注意が必要です。

そのため、指先で優しく優しくなでるようになじませていきましょう。

ちなみにですが、肌をこするデメリットについては、下記の記事を参考にしてください。
»肌をこする5つのデメリット

にゃるなが(洗顔エキスパート)

薬指と小指の2本でなじませると肌をこすりにくいためオススメ。

【ステップ④】ぬるま湯で洗い流す

【ステップ④】ぬるま湯で洗い流す

クリームが透明になるまでなじませたら、ぬるま湯(32~24度)で洗い流しましょう。

この理由は、皮脂(ひし)が溶け始める温度が32度以上となっているためです。

ぬるま湯の目安としては、手でさわって熱くもなく冷たくもない温度です。

そのため、熱いとか冷たいなど感じたときは、温度調整をしてください。

すすぎで意識したいぬるま湯の温度とその理由については、下記の記事を参考にしてください。
»すすぎの温度とその理由

にゃるなが(洗顔エキスパート)

熱いお湯(38度以上)だと肌が乾燥するため注意。

両手にたっぷりためて流す

すすぎは、両手にたっぷりためて洗い流しましょう。

シャワーで直接流すのは、「しみ・たるみ」の原因になるため危険です。

そのため、肌をこすらないように、たっぷりのぬるま湯で洗い流してください。

しみやたるみ以外のシャワーで流してはダメな理由については、下記の記事を参考にしてください。
»シャワーを直接当ててはダメな3つの理由

にゃるなが(洗顔エキスパート)

シャワーのお湯も手でためてすすぎをする。

クレンジングクリームの選び方

クレンジングクリームの選び方

クレンジングクリームですが、洗い流すタイプを選んでください。

クレンジングクリームには、「洗い流すタイプ」と「拭き取るタイプ」の2種類があります。

クレンジングクリームの種類
  • 洗い流すタイプ:「メイクになじませて洗い流すクレンジングクリーム。」
  • 拭き取るタイプ:「コットンやティッシュで拭き取るクレンジングクリーム。」

拭き取るタイプだと、肌をこすってしまうため「しみ・たるみ」の原因になってしまいます。

ですので、肌トラブルを減らすためにも、洗い流すタイプを選ぶようにしましょう。

にゃるなが(洗顔エキスパート)

迷ったら洗い流すタイプを選べば大丈夫。

クレンジングの正しい選び方については、下記の記事を参考にしてください。
»失敗しないクレンジングの選び方

薄いメイクにおすすめ!クレンジングクリームランキングTOP3

薄いメイクにおすすめ!クレンジングクリームランキングTOP3
薄いメイクにおすすめ!
クレンジングクリームランキングTOP3
  • 1位:オルビス オフクリーム
  • 2位:ゲラン クレンジング クリーム
  • 3位:コーセー 雪肌精 クレンジング クリーム

※肌への負担が少ないクレンジングクリームの順位になります。

»ランキングの詳細はこちら

にゃるなが(洗顔エキスパート)

迷ったときは、1位のオフクリームがおすすめ!

よかったらシェアしてね!